婚活物語

出会い系サイトで見つけた~婚活物語

『彼に会えたのは、出会い系サイトのお陰です』

そう語るのは、宮下里美さん(仮名34歳OL)です。

宮下さんは、6年前に結婚直前までいった彼がいました。

でも、突然の破断。彼は実はゲイだったのです。

あまりにもショックが大きく、男性不信に落ちて、それから男性との付き合いはいっさい無かった彼女でしたが、気付けば32歳を迎えていました。

昔仲の良かった友人たちからは、旦那と子供が写った幸せそうな年賀状、後輩達からの結婚式の招待状・・・・・・。

宮下さんも、やっぱり結婚はしたい。

そんな事で、婚活を始めたのが2年前の34歳の時でした。

彼女は、積極的にお見合いや婚活パーティーに参加。

しかし、高望をしているわけではありませんが、気に入った男性を見つける事ができません。

そんなある日、高校時代の後輩の結婚式に参加。二人の馴初めは、何と出会い系サイトで知り合ったとか・・・・・・。

そんな方法もあると知った宮下さん。彼女は、帰宅するとパソコンに向かって、まとめて数か所の出会い系サイトで、婚活をする為に登録したそうです。

彼女の募集に、数多くの男性が現れたのは言うまでもありません。

その中で何故か気になったのは、たった一人、今の婚約者である高野裕司さん(仮名32歳サラリーマン)だったそうです。

お見合いの定番の話にある『ご趣味は?』が、一緒の野球観戦。それも同じ、大の巨人ファンだった事がきっかけでした。

「出会い系サイトは、なんといっても一人で探せますし、そしてプロフィールだって見る事が出来ます。本当に婚活を考えるなら、これほど活用出来る出会いの場はありません」

そう話をする宮下さん。

末長い幸せを、心からお祈り致します。